ソープ嬢の母と一線を越えてしまった

女性もえっちな妄想をしてもいいんです。
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

近親相姦のお部屋

ソープ嬢の母と一線を越えてしまった
2021年11月18日 10時02分
h.m.p

高2の彰です。

高校1年の彼女がいます。セフレもいます。

ウチは父がいません。シングルマザーの母はなんと33歳。

それはさておき、母はソープ嬢。

1ヶ月前の出来事です。

家に帰ると、仕事のはずの母がいる。

「あれ、母さん今日、出勤だよね?」と聞くと

「今日早く切り上げたの、それよりこれ常連客から貰ったの」

と言って見せてくれたれたのはゼリーだった。

こういう仕事は、たまに常連客から何かしらもらえるのだ。

この日、まさか母と近親相姦するなんてオレは思ってなかった。

この年になって、3日に1度くらいは母と入浴する。

オレが嫌がってもお構いなし。

「彰、あんたの本当デカイよね」とか「近親相姦しちゃおっか」等冗談で言う。

ところがこの日、近親相姦することになるとはオレは思ってなかった。

こんな若くて綺麗な母と近親相姦したくないわけではない。勿論興味がある。

この一線は、越えてはいけないのは理解っていた。

この日は母と入浴、勿論母の裸で勃たないわけがない。

ソープで身体を洗ってもらい、俺のを手で丁寧にカリの裏まで擦り洗いする母。

いつもならスルーする母が「彰、ヌいてあげる」と言って、泡を流すと俺のを咥えた。

「か、母さん」

俺を見つめフェラする母。

上手すぎる、彼女より上手い、しかも母。

イキそうになっているのを感じ取ったのか、一旦咥えるのをやめた母。

そして、泡の付いた母の身体が俺の身体に密着し、まるでソープ嬢が行うローションプレイのようにいやらしく乳房をこすりつけてくる。

そんな誘惑するような行為をした上で、母は俺に言葉を投げかけてきた。

「どうする彰、お口に出す?それと母さんと近親相姦する?」

オレは、いけない一言を言ってしまった。

「母さんとしたい」と言うと「じゃあベッド行こうか?」

どうする、まだ引き返せる、でもココまで来たらもう…

「ねえ、母さんゴム着ける?」と聞くと「うん」と言ってゴムを着けてくれた。

「入れたらもう後戻り出来ないよ」と言うと「わかってる。入れるね」入った・・・。

腰をグラインドさせるように動き出した母は「アンアン」喘ぎ出した。

母の騎乗位と締まり、最高だ。母だから彼女より気持ちいい。

俺たちは、今まで通りには戻れない。

「アンアン若いアン、オチンチン最高、アン、息子アンの息子」

母の胸を揉み、乳首吸ったりした。

「母さん、気持ちいい、オレどうにかなっちゃいそう」

そして、30分後

「母さん、オレもうイクイク」と言うと「母さんもイクーっ、イッチャウー!!!」

それ以来、毎日のように母と愛を確かめ合っている。

この体験談がよかったらいいねしてね
0
«
»
この体験談を読んだアナタにおすすめ